乗鞍の「雪の壁」を体験して来ました

2009.6.9
12
乗鞍の「雪の壁」を体験して来ました

乗鞍の「雪の壁」の記事の素晴らしい写真を見て、今年こそ行こう!と、6月6日の土曜日、「雪の壁ウォーク」を体験して来ました。

ラッキーなことに、ちょうど前日から「春山バス」が、大雪渓(肩の小屋口)まで運行され始めていました。

車で上がれる一番奥の三本滝のレストハウス前に駐車し、11時前のバスに乗車。

バスの窓から雪の壁を見上げて感嘆し、真夏まで雪が残る「乗鞍大雪渓」に着きました。バスで同乗して来た人たちが、スキーやスノーボードをかついで登って行きます。以前、このバスで来て、乗鞍岳山頂まで春山登山したことを思い出しました。

ここから車道を15分ほど歩いて下った所の急カーブが、雪の壁の最も高いところです。

確かに10m弱ありそうです。今年は雪が少なかった信州ですが、ここは例年より若干少ない程度だそうです。

この日は、曇りで少しガスっていたので、青空は見えませんでしたが、むしろ冷気とうっすらとした霧の中を歩くと、夢の中で巨大な冷蔵庫の中を歩いていいるようで幻想的でした。雪もまぶしすぎず、写真も取りやすいです(晴れている時はサングラスが必須でしょう)。



フキノトウ発見!もう6月、夏だというのに、ここはまだ春が始まったばかりなのです。
途中、ガードレールが雪の重みで曲がったり折れたりしていました。木々も、雪の下で、この重さに半年以上耐えているのでしょう。

位ヶ原山荘まで1時間と少しかかって下りて来て下りのバスに乗り、三本滝のレストハウスで、美味しい「山賊焼きバーガー」を食べ、「湯けむり館」に行って乳白色の温泉に浸かりました。


一ノ瀬園地など、高原のあちこちで、レンゲツツジ、白樺の新緑、高山植物の花も楽しめました。ペンション小さな国さんの前の美しい池では、子育ての時期のカモ達が気持ち良さそうに泳いでいました。


乗鞍の雪の壁は、あまり知られていませんが、有名な黒部立山アルペンルートの「雪の大谷ウォーク」が一人8000円以上もかかるのに比べて、バス代往復2400円で気軽に体験できる「穴場」です。

雪の壁が見られる豪雪地帯は世界でもそう多くはないので、海外から来る方々にもお薦めです。