乗鞍高原のりくらこうげん

12
住所
長野県松本市安曇4306-5
TEL
0263-93-2147
URL
https://norikura.gr.jp/
SNS

のりくら高原は、”岳都松本”の東端に位置する雄大な乗鞍岳の麓 標高1500mにある山岳観光地です。春は眩しいほどの新緑と高山植物が溢れ、美味しい山菜、10m程の高さの雪の回廊が見られ、山スキーも楽しめます。夏はもちろん夏山登山!そして猛暑の街では考えれないような涼しい高原で、滝巡りやサイクリングなどが楽しめます。秋は山全体が燃えるように色づく紅葉、山の幸”きのこ”料理が食べられます。

 

冬は標高が高い内陸部に降る極上のパウダースノーが自慢です。スノーシューで見に行く善五郎の滝の氷瀑も圧巻です。一年を通じて温泉と輝く星空、美しい山岳風景を楽しめます。

乗鞍三名滝 「三本滝、善五郎の滝、番所大滝」真冬の景色も名所です。

アクセス

電車

松本駅より上高地線に乗車 終点 新島々駅下車(約30分)

バス

アルピコ交通の路線バスで乗鞍高原へ(約50分)

■東京方面または名古屋方面
中央自動車道→岡谷JCT→長野自動車道→松本インター→R158→新島々→奈川渡ダム→前川渡信号左折→乗鞍高原(松本インターより約50分・松本城より約1時間半)

■名古屋・大阪方面
名神高速→東海北陸自動車道→清見インター→高山市→平湯→安房トンネル→前川渡左折→乗鞍高原(清見インターより約1時間半)

■北陸方面
北陸自動車道→富山インター→平湯→安房トンネル→前川渡左折→乗鞍高原(富山インターから約2時間・新穂高より約1時間)
※高山方面からは前川渡信号は右折できません、次のトンネルを過ぎると Uターンできますので、そこでUターンして来てください。

■R19木曽方面
薮原→境峠→奈川寄合渡→奈川渡ダムでR158に合流→前川渡左折→乗鞍高原(約1時間)
2018.10.22 ※経年変化により、記事の内容と現在の状況は異なる場合があります