冬の乗鞍高原

2012.1.16
23

朝焼けの乗鞍岳
1月12日乗鞍高原から見上げた朝焼けは、神々しく美しい光景でした。白いお月様も輝いていました。
標高1500mの高原の冬は、厳しい寒さばかりの印象をもたれていますが、この時期ならではの綺麗な景色や楽しい体験が待っています。

バッハアルプ湖畔からの眺め乗鞍は高原内のいたる所から美しい山の景色を楽しむことができます。こちらは今シーズンから「スノースマイルエリア」として営業している旧いがやスキー場からの眺めです。スイス風の素敵なレストランシヨンの前にある「バッハアルプ湖」から眺める山の景色は最高です。
「スノースマイルエリア」は、土日祝祭日の営業となっていますので、お出掛け前にHPでご確認下さい。

スノーシュー冬の森の中を探検するなら、スノーシューが最適ですよ。普通の長靴などでは埋まってしまう雪の中をサクサクと歩ける西洋かんじきです。
乗鞍高原の宿にお泊まり方には、靴とストックもセットになったお得なレンタル(500円)が用意されています。

クロスカントリー
スイスイ進む爽快感を味わいたいなら、クロスカントリーがお薦めです。まずは一ノ瀬園地をグルリと1周してみてはいかがでしょう?広いまっさらな雪原に飛び出して行く体験は、きっと病みつきになりますよ。

善五郎の滝 氷瀑
乗鞍三名滝の一つ「善五郎の滝」の氷瀑を見に行くのも、冬ならではの楽しい体験です。スノーシューや軽アイゼンを用意して、滝壺まで行くことができます。アイスクライミングをしている方を見かけることもあります。

カンボクの実
こうして冬の高原へ繰り出せば、目にする景色は全てが新鮮なものばかり。見上げる山々はもちろん、凍結した池や雪上に残る動物たちの足跡、鮮やかな色のカンボクの実、樹々の冬芽や葉痕など、ついつい写真に撮りたくなるものがたくさんありますよ。

富士見岳大滑降
山スキーの愛好家にとっても、乗鞍は最高のフィールド。好天に恵まれた日の山頂付近の大滑降はまさに至福の時!豪快に雪煙が巻き上がります。標高2350mにある位ヶ原山荘は冬期も営業しています。この後は2月4日から利用できます。

Mt.乗鞍スキー場
標高2000m付近まで広がるMt.乗鞍スキー場は、本州随一のパウダースノーが楽しめます。今シーズンは、待望の鳥居尾根リフトが復活しています。松本周辺の市民には、新雪が降ったらすぐに行きたいスキー場として、愛されています。

さんぞくっく
スキー場のマスコットキャラクター「さんぞくっく」が登場すると子供たちは大喜び!レストランでは「山賊バーガー」を食べてみましょう。親分1200円と子分500円がありますよ。
来週1月22日(日)には「超巨大100人山賊バーガー大親分」をカットして無料でサービスするお得で美味し〜いイベントがあります。親子で参加してみるのもいいですね。
週末には松本駅から無料シャトルバスが運行されていますから、こちらを利用すれば更にお得です。

アルクマ
1月15日の「スキー子供の日」には、長野県観光PRキャラクターの「アルクマ」もスキー場にやって来ました。「信州をクマなく歩きまくり、信州の魅力を世の中にクマなく広めるのが生きがい」だそうです。忙しいキャラバンスケジュールによると、次回は2月26日に再びMt.乗鞍スキー場を訪れる予定です。
当日は地元の中学生による「そばおやき」の振舞いがありますから、こちらも楽しみです!

雪見の露天風呂冬の乗鞍高原は、様々な魅力に溢れています。忘れてならないのは、温泉です。乗鞍高原には源泉が4種もあり、それぞれのお宿が個性あるお風呂を御用意しています。内湯と露天風呂の両方を備えた宿泊施設もありますし、2種の源泉から引湯している施設もあります。
高原内のお宿に泊まった際には、ほっこり癒される温泉も是非お楽しみ下さい。

乗鞍高原の情報については、公式サイトをご覧下さい。