冬でも楽しい松本

2020.1.8
25
冬でも楽しい松本

年末年始は比較的穏やかな日々が続きました。

閉じこもりがちな冬ですが、天気のいい日の山岳眺望、少し曇りがちな日には昔の面影を探して、そして住宅地や公園を散歩するだけでも人々の暮らしや楽しみが垣間見られ、心豊かになります。


市の企画イベント「眺望ツアー」に参加しました。

左上 林城址遊歩道からアルプスを望む

右上 芥子坊主山展望台から市街地を見下ろす

左下 弘法山山頂からのアルプスと市街地

右下 アルプス公園展望広場から常念岳方面を見る

この他にも雲海、雪景色、夕日、夜景など、素敵な景色を考えただけでワクワクします。


公園や河川敷は広々としていて、気持ちよく散歩できます。

左上 女鳥羽川右岸桜橋北側の河川敷

右上 惣社公園

左下 あがたの森公園

右下 薄川見晴橋からの乗鞍岳

フカフカした枯れた芝の上を歩いたり、樹木の枝ぶりの力強さに驚いたり、散歩中のはしゃいでいる犬に出会ったり・・。


ふと入り込んだところにある道や建物にも江戸時代の名残が感じられます。

左上 松本城天守を見上げる

右上 常法寺小路

左下 袋町の鉤の手

右下 土蔵や塀にも歴史がありそうです

昔の人も鼻歌を歌いながら歩いたのかなとか、道はアスファルトじゃなくてどんなだったろう。など興味は尽きません。


楽しいことがたくさんある冬でありますように。