乗鞍岳・春山バスが運行開始されています!

2018.5.1
24
乗鞍岳・春山バスが運行開始されています!
乗鞍高原から乗鞍岳へと上がる「乗鞍エコーライン」の除雪が進んで、
このゴールデンウィーク前の4月28日から「乗鞍岳・春山バス」の運行が
開始されています!

 

「乗鞍岳・春山バス」とは、乗鞍高原観光センターから出発して、標高2350mの位ヶ原山荘や、標高2600mの乗鞍大雪渓へと連れて行ってくれる観光のためのバスです。今年から10:30の便が1便増えて、観光のお客さまにとっても大変便利になりました。これはお宿さんに宿泊した方が乗りやすいようにチェックアウト後の10:30に設定されています。そしてバスを降りてから約1時間ほど位ヶ原山荘周辺で散策する時間があります! なのでぜひ!、「雪の壁観光」などに「乗鞍岳・春山バスに乗ってみて下さい。

 

今年の位ヶ原山荘周辺の「雪の壁」は、約5mほどです。これは例年に比べたら少ないらしいのですが、それでも雪が5mも積もっていて壁になっている感じは、迫力があります! 雪の壁といえば立山が有名ですが、ここ松本市の乗鞍高原にも出来るのです。そしてこの後除雪が大雪渓まで進んでいけば、もっと高くて大きい雪の壁が出来るようです! 標高3000m近くまで乗鞍高原から乗れる「乗鞍岳・春山バス」に乗って大自然を満喫して下さい。

雪の壁の事や、「乗鞍岳・春山バス」の時刻表など、もっと詳しい情報は、乗鞍高原観光ホームページをご覧下さい。→「乗鞍高原・雪の回廊