イベント

第7回全日本居合道 試し斬り選手権大会

8
第7回全日本居合道 試し斬り選手権大会
開催日
2023.10.28 (土)
営業時間
12:00 - 16:00
お問い合わせ
大会事務局 080-4365-6512
URL
https://mugai.org/

国宝松本城決戦!実戦スタイルで行われる居合道の試し斬り大会!

第7回全日本居合道 試し斬り選手権大会 340年の伝統 無外流居合 全国最大組織 国際居合道連盟鵬玉会 

340 年の歴史を誇る古流居合の無外流。その最大の全国組織である国際居合道連盟鵬玉会が主催する、全日本
大会『第 7 回全日本居合道 試し斬り選手権大会』が今年も開催されます。
本大会は形の初太刀の抜き打ちで斬る、まさに居合道における実戦スタイルで行われます。
抜刀した状態から振りかぶり、間合いを図って行われる試し斬りとは異なり、刀を鞘に納めた状態から抜刀の初
太刀にて試し斬りを行います。この技術を磨いた選手が全国から集まり技を競います。
昨年は福岡城にて開催され、今年は松本市スポーツ事業推進課、松本市教育委員会の後援を得て、国宝松本城
にて開催されます。
【開催にあたって】
無外流居合は新選組三番隊斎藤一隊長で有名な流派です。その技は、抜刀した状態からの剣術ではなく、「抜
き打ちの初太刀」という哲学でなりたっています。
無外流の流祖辻月丹、その 340 年ほど前の言動を記した「辻無外伝」には、弟子のかたき討ちに際して「初太
刀の一腰」、つまり抜き打ちで斬ることが記されています。

「居合」にこだわり、形の初太刀で斬る、大会に参加する会員はその技術を競い合います。
「武道の根幹は強さであり、居合の命は組太刀と試し斬りである」(武田鵬玉会長)
美しい形であっても斬れなくては意味がない。形が美しく、試し斬りが斬れても実戦を意識した稽古ができなけ
れば負けてしまう。形・組太刀・試し斬りの 3 つの技術を高めることで、武道としての強さ、生きるか死ぬかの
勝負である居合の本来のかたちを継承するために稽古に励んでいます。

【開催場所】
場所: 国宝松本城 二の丸御殿跡 長野県松本市丸の内 4-1
日時: 2023 年 10 月 28 日(日)12:00~16:00
【主催】
国際居合道連盟鵬玉会(https://mugai.org/)
浅草蔵前本部道場(東京都台東区蔵前 4-20-10 SCOOP21 ビル 3F )

 

  • 国宝 松本城

    国宝 松本城

    〒390-0873 長野県松本市丸の内4 国宝松本城天守閣
    電車
    JR松本駅から徒歩約15分
    バス
    松本周遊バス「タウンスニーカー」北コース
    「松本駅お城口」発 → 「松本城・市役所前」下車 乗車時間約10分
    松本ICから約15分
    詳細ページ