イベント

古民家で楽しむひな祭り~押絵雛~

いいね
古民家で楽しむひな祭り~押絵雛~

馬場家住宅では、月遅れのひな祭りにあわせて、市立博物館、はかり資料館との連携企画展「松本の春、見つけた!2019」の一環として、松本伝統の押絵雛を展示しています。

開催日
2019.3.1 (金) 〜 2019.4.7 (日)
休 館 日:月曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間
09:00 - 17:00
*入館は午後4時30分まで
料金

観覧料

大人
¥300
中学生以下・松本市内の70歳以上の方 無料
お問い合わせ
重要文化財馬場家住宅 0263-85-5070
URL
http://matsu-haku.com/babake/archives/703

押絵雛とは、厚紙を切った型に綿をのせて、布で包み張り合わせた立体感のある絵で作られた雛人形です。松本では藩主戸田氏の殖産興業政策により作られ始めたといわれます。内裏雛だけでなく、歴史上の人物、風俗、吉祥などを表すものから題材をとっています。明治中期に最も盛んに作られ、県内外に出荷されていました。大正から昭和にかけて衰退し、製作技術がとだえたという松本押絵雛が、復活のきざしをみせたのは昭和40年代以降のことです。関係者によると古作の優品を収集し、それらを観察、分解するなど、たくさんの試行錯誤を経て、松本押絵雛が復活したようです。

本展では古作の優品から現代に作られたものまで約80点を紹介しています。

幕末に建てられた本棟造りの馬場家住宅で、押絵雛を見ながら、穏やな春の一日を過ごしてみませんか。

 

関連事業 甘酒サービス

日 時 平成31年4月3日(水)午前9時30分から
場 所 重要文化財馬場家住宅

料 金 通常観覧料

その他 甘酒がなくなり次第終了となります。

 

馬場家古民家で楽しむひな祭り

 

  • 馬場家住宅

    馬場家住宅

    松本市内田357-6
    バス
    寿台線 バス停「寿台東口」から徒歩15分

    松原台線 バス停「寿台東口」から徒歩15分

    内田線 バス停「馬場家住宅東」から徒歩すぐ
    詳細ページ