おいしい「エメラルド」と翡翠 @ティールームコイデ

2019.5.23
22
おいしい「エメラルド」と翡翠 @ティールームコイデ

エメラルドの輝き クリームソーダ

松本市大手にお店を構えて45年

当時と変わらぬ雰囲気で地元の方たちの憩いの場になっている

ティールームコイデ。

お散歩しているとつい見逃してしまいそうなくらい町に馴染んでいるお店ですが

中はどうして、清潔でキレイにしていて、ゆったりしていて、とても落ち着きます。

開店から11時まではモーニングタイム、600円。

 

「昔はこの辺の会社の人たちがうちでモーニング食べてから出勤したものよ」

というオーナーの赤羽さん。松本の懐かしいお話がたくさん聞けそうです。

ランチの時間はピザトーストやチーズハムトーストサンドをどうぞ。

コーヒー、紅茶とセットもあって、とてもお得です。

そして、これからの季節におすすめのクリームソーダ。

 

 

 

こちらのお店は別名、糸魚川翡翠工房こたき。

翡翠の販売をお店の一角でされています。

実は、オーナーのお兄さんが翡翠作家。

純国産糸魚川の翡翠のみを使って、1点1点職人の手による作品を制作されています。

長野県で翡翠に出会えるのはここだけだそうですよ。

 

 

深緑の半透明な宝石 翡翠のお話

翡翠は今から7000年前の縄文時代から古墳時代にかけて、

ときの権力者のステータスシンボルとして重宝されていたといいます。

その後、なぜか歴史の表舞台から姿を消すことになりますが

その空白期間の翡翠は、地元で漬物石や石垣、そして屋根の重しなどに使われていたそう。

なんともったいなくも贅沢なお話です。

(「糸魚川翡翠工房こたき完全ガイドブック」より)

糸魚川翡翠工房こたきのウエブサイト

それにしても、翡翠のジェダイト(硬石)ってスター・ウォーズを彷彿とさせる。。。(^^ゞ

 

 

六九通りから入ると山の写真が飾ってあります。

こちらもマスターのお兄さんの作。

 

画廊のような入り口を入り、奥の喫茶店へ。

悠久の歴史を刻む翡翠を眺めつつ、神秘なエメラルド色のクリームソーダを飲む贅沢。

観光地の喧騒とは少し離れたところで、ゆっくりした時間が過ごせます。

ここにしかないものを探してーーー。

ティールームコイデ