OMF オーケストラコンサートBプログラム 2019.09.07

2019.9.8
6
OMF オーケストラコンサートBプログラム 2019.09.07

指揮はディエゴ・マテウス。今回で5回目のSKOとの共演です。
シルベストレ・レブエルタス:センセマヤ (コンサートマスター:豊嶋泰嗣)フェスティバルで初めて演奏されました。94名編成です。
 
モーツァルト:交響曲 第35番 ニ長調 K. 385 「ハフナー」(コンサートマスター:田中直子)52名編成です。
 
休憩の後は
チャイコフスキー:交響曲 第6番 ロ短調 Op. 74 「悲愴」 (コンサートマスター:豊嶋泰嗣)87名編成です。
素晴らしい演奏でした。
 
拍手は鳴りやまず、アンコールです。
チャイコフスキー:歌劇「エフゲニー・オネーギン」作品24:ポロネーズ、今回のオペラ公演でも演奏された曲です。
 
2019年OMF最後の公演です。花売り娘からリンドウの花がメンバーに手渡されました。
 
 

2019OMF最後の演目はすばらしい演奏に温かい拍手で幕を閉じました。

サイトウ・キネン・オーケストラ
指揮:ディエゴ・マテウス

9月6日(金)のリハーサルには、小澤総監督も顔を出し、2年ぶりに松本でSKOと再会したそうです。
小澤総監督がその時話した言葉です。
From very beginning of this Saito Kinen Orchestra, night before, I could not sleep.
Last night, I could not sleep one minute.
Because I see you all today.
Something about this orchestra is very special.
サイトウ・キネン・オーケストラが始まったときから、オーケストラに会う前の夜は眠れませんでした。
今日、みんなに会えるのが楽しみで、昨日も一睡もできませんでした。
このオーケストラは、僕にとってとても特別です。