雲上のリゾート王ヶ頭ホテル滞在記2

2021.4.22
10
雲上のリゾート王ヶ頭ホテル滞在記2

今年も4月20日よりビーナスライン(諏訪方面)・美ヶ原スカイライン(美鈴湖方面)が開通しました。いよいよ美ヶ原高原も春夏の季節になりました。

美ヶ原高原にある「王ヶ頭ホテル」3年3月30・31日に宿泊した体験記です。

アクセス

マイカーの場合 冬季(11月19日から4月20日)は、美鈴湖にある王ヶ頭ホテル専用駐車場まで行きます。
事前の送迎バスは、電話で予約します。

30日当日は、1日2便 11時台発と14時台発の2便あります。
公共交通で行く場合は、JR松本駅まで14時台の送迎バスを予約します。

夏季は山本小屋駐車場か美ヶ原自然保護センター駐車場に停めて送迎バスかもしくは、徒歩でも行けます。
*バスの定員に人数制限がありますので、予約されたら専用の電話番号でバスを予約します。

*詳細は、公式サイトをご覧ください。

美ヶ原高原

くねくね道を90分ほど登ると美ヶ原高原に到着します。運転手さんが案内をしながら運行するので、退屈はしませんでした。

王ヶ頭ホテル

 

ホテルに到着して宿泊者専用の正面玄関から入ります。中に入って靴を脱ぎ、お部屋専用の靴箱に案内されます。

外来者は、右手の売店レストラン入口から入ります。何度も訪れていましたが、正面玄関から入ったのは初めてでした。

入口

 

チェックインを先に済ませ、部屋を使えるまで2時間ほどロビーで待ちます。
もちろんお散歩に出かけるも自由です。

徒歩で美しくの塔までや、付近を散歩して楽しめます。

王ヶ頭ホテル

当日の天気は、曇りで風がとても強く、前日から気温がいっきに上昇したので、雪もほとんど解けていて、道もぬかるんでいました。

美ヶ原高原

ロビーには、いつでも飲める暖かいお茶が用意されていました。

ロビーで見つけた素敵なプチスペース

付近で採集したと思われる石を使った「石琴」「トトロスペース「童話など置かれた一人用図書館」

素敵な椅子

館内には座り心地のいい椅子をいくつも見つけました。階段の踊り場などにもありました。

 

4階 フリースペース

夜におこなわれる「スライドショー」を楽しむ部屋、お茶が用意されたスペース、晴れていたら、松本平、北アルプスを展望できるスペースなどあります。

お子様コーナー

小さなお子様連れには、欠かせないキッズスペース

4階お子様コーナー

無料貸切展望風呂

4階フリースペースから階段を降りると貸し切り風呂が3つありました。24時間使用(清掃時は除く)出来るそうです。
予約は出来きず、空いていれば使用出来るようです。

半露天展望風呂

今回は部屋のお風呂を使用したので、こちらには行きませんでした。過去には1度入ったことがあります。展望の素晴らしさは、いつかここに泊まりたいと思わせるものでした。画像は、サイト内の松本の宿ページから借りました。

王ヶ頭ホテル

 

スイートルーム

部屋の準備が出来ていよいよお部屋に案内されました。
初めて泊まる王ヶ頭ホテル 生まれて初めてのスイートルーム❤

ウェルカムフルーツ

冷蔵庫を開けるとウェルカムフルーツが冷えていました。これはスイートルームの特典です。

スイートルーム ウェルカムフルーツ

ダイニングルーム

部屋食のために、入口にダイニングルームがあります。ドリンクコーナーにミルがあり、驚きました!他に数種類のティーバッグや珈琲も用意されていました。部屋専用のWi-Fiもあります。

ベットルーム

入ってすぐにダイニングルーム、奥に2ベットルーム

ベットルーム

和室

左奥には、和室の個室 3月なのでコタツが用意されていました。

和室

ベットルームの奥には、洗面所スペース

洗面所スペース

コスメも充実

そしてバスルーム 24時間循環式のお風呂、シャワースペースも別にあります。

バスルーム

お風呂にテレビ これは人生初 お風呂に入りながらテレビが見れるなんて憬れ!庶民的( ;∀;)

お風呂にテレビ

部屋専用テラス

和室に続く部屋専用のテラスもあります。

テラス

スイートルーム専用ラウンジ

館内には、スイートルームが3部屋あります。スイートルーム宿泊者専用のラウンジがあります。

スイートルーム専用ロビー

フリードリンクスペース

リンゴのスパークリングワインとリンゴジュース、麦茶が用意され好きなだけ飲んでいい!スイートルームに泊まる特権です。
一般宿泊者の方は、17時よりロビーでウェルカムドリンクサービスを受けられます。

夕飯の時間まで、部屋でゆっくり過ごします。これが何よりも贅沢な時間

お待ちかねのディナータイム

前菜

お品書き

お品書き

お造り

スイートルームのみのメニューです。地元安曇野の新鮮な野菜と信州サーモン、岩魚など新鮮なお魚が盛られていてどれもとても美味しかったです。

お造り

吸物・焼物

岩魚の塩焼きは、頭から食べられるほどよく焼いていて王ヶ頭ホテルの名物です。

焼き物・吸い物

台の物

蛤とキャベツの白ワイン蒸し

台の物

箸休め

季節を味われる箸休め

箸休め

洋皿

牛フィレ肉のステーキ

筍ご飯・お味噌汁・漬物

デザート

春のデザート

お子様メニューのデザートはとてもかわいい

お子様用デザート

朝焼けを見るなら4時半起きと言われ翌朝

夜明け前

夜明け前 東の空

雲海

日の出

雲の上からおはようございます。美ヶ原高原の朝 王ヶ頭ホテル滞在記1」もご覧ください。

朝飯

朝飯は、洋食和食と選べます。洋食は野菜がふんだんでとてもヘルシーです。食後にヨーグルトも出て、前日から冷蔵庫にフレシュなミルクも入れてくれました。

洋食

朝飯 洋食

和食

和食は、温めて頂くお蕎麦、とろろなども付いていてとても豪華です。

朝飯和食

お子様朝飯

写真から外れていますが、お蕎麦も付いています。

子ども用朝飯

11時のチェックアウトタイムまで部屋でゆっくり過ごして、帰りのバスの時間まで外で散歩したりして過ごしました。

バスに乗り込み楽しい時間とさようなら

バス

今回宿泊した部屋は「スイートルーム星」です。公式サイトでもご覧ください。

他の部屋よりも高いですが、2食共部屋で取れること、快適なお風呂もあり、部屋から出なくても充実した時間が取れました。
またスイートルームだけの特典が多数あり、お一人のスタッフさんが専属で担当して頂き至れり尽くせりで本当に満足出来ました。

春夏秋冬と三城から歩いて何度も訪れた美ヶ原高原 王ヶ頭ホテル
いつもトイレを借りたり、近くのベンチでお弁当を食べていました。

自宅からも美ヶ原高原は望めるほどの近さで、今回はこんな時期なので、家族で贅沢な時間を過ごせました。
リピーターも多く、何度でも訪れたくなる魅力は、大自然の中で過ごせることだけではなく、王ヶ頭ホテルの優れた設備、至れり尽くせり満足できるスタッフの方々のおもてなしの心だと思います。

今回唯一残念だったのは、温暖化のためか気温が上昇して楽しみにしていた冬の景色を見ることが出来なかったことです。

雪のある季節は、雪上車クルージングやスノーシュー講習会なでも冬ならではのアクティビティを楽しめます。
次回は、暑い夏か、雪がたっぷりある時期に行きたいと思います。

 

過去の美ヶ原高原のブログもご覧ください。

天空の牛 9月の美ケ原高原

とっておきの冬を楽しむ☆美ヶ原

冬の美ヶ原高原

美ヶ原 茶臼山 雪景色

冬の美ヶ原 12/10