赤い手袋と金魚が泳ぐ 御幸橋と幸橋 

2019.2.20
4
赤い手袋と金魚が泳ぐ 御幸橋と幸橋 

2月20日(水)朝から快晴 ポカポカ暖かい1日

四柱神社の御幸橋を覗いて見ると水の中に赤い手袋と赤い金魚

誰かが落とした赤い手袋 まるで絵本の挿絵のようです。

 

御幸橋

御幸(みゆき、天皇陛下のお出まし)橋と命名された由来が書かれた看板もあります。

明治に入るまでは、この場所は松本城の総掘りでした。明治に入り、1番最初に総掘りが埋め立てられたのはこの場所でした。
埋め立てた跡に四柱神社は建立されました。

御幸橋の下を流れる水は、かつての総掘りの名残です。

 

幸橋(さいわいはし)

ナワテ通りを挟んで女鳥羽川にかかる橋の名前は幸橋

こちらは、幸橋と書いてみゆきはしではなく、さいわいはしと読みます。

昼間は、コートを着ていると暑く感じるほど暖かい1日でした。

三寒四温 また寒くなると思いますので気を付けてお出かけください。