松本の休日「東京クルド」「まつもと市民芸術館トップガーデン」#はしごマップスタンプラリー8.9

2021.9.5
5
松本の休日「東京クルド」「まつもと市民芸術館トップガーデン」#はしごマップスタンプラリー8.9

数日降り続いた雨がようやく上がった9月5日

青空がとても眩しかった素敵な日曜日

松本CINEMAセレクト映画上映会 はしごマップスタンプラリー8軒目

とても久しぶりに松本シネマセレクト上映会の映画を観に行くことが出来ました。今日は、Mウィング6階 1回目の上映の「東京クルド」

東京クルド

最初タイトルを見た時は、イケメンのお兄さんが二人の写真、東京クルドてなんだろう?て思いました。
難民申請を10数年し続けている二人の在日クルド人のドキュメンタリー映画です。
その内容はあまりにも酷く、ここでは語りませんが、何をどうしたら変えていけるのでしょうか⁈

日本には、在日クルド人が2000人程いるそうですが、私はまだお会いしたことはありません。主に埼玉県に多く住まわれているそうです。

個人的な話ですが、私のクルド人の思い出は、1995年にバスに乗りシリアから国境を超えトルコに入国した時に道路沿いにせんしゃが停まっていました。漢字で書くと「戦車」本物です。
ローカルバスは、停められああだこうだしていたところ、私たち家族は降ろされました。

どうやらバスが停まった原因は私たちでした。この先はクルド人自治区に入るので、危険だからということで、結局は、バスに戻り護衛する車が付き、無事私たちは、トルコのヴァンという街に着きました。ここは、ヴァン湖という美しい湖がある街で、クルド人自治区でした。

クルド人問題で、トルコでも有数な観光地であるこの街には、訪れる人もなくホテルはお客もなく閑散としていました。
4日ほどの短い滞在でしたが、ヒッチハイクしたりして滞在を楽しみ親切なクルド人の思い出だけが残っています。

現在は、トルコ政府によるクルド人迫害が酷く闘争が長く続き、多くのクルド人が迫害を受けて命の危険から世界各地に逃げています。
戻れば激しい拷問や殺戮があるにも関わらず日本政府は、難民として認めません。そんなことを教えてくれたドキュメンタリー映画でした。

Mウィングから

まつもと市民芸術館へ

まつもと市民芸術館

「FESTAまつもと」

10月8日から17日まで盛り沢山のお芝居やコンサートがまつもと市民芸術館、メディアガーデン、街中のあちらこちらで開催される凄い企画が現在進んでいます!

その中で開催される芝居のチケットを買いにまつもと市民芸術館へ行きました!

近松心中物語

チケットカウンター

チケットカウンター

時すでに遅し かなり後ろの席でした。

チケット

はしごチケットサービス

まつもと市民芸術館さんから「あるぷちゃん」シールを頂きました!

あるぷちゃんシールプレゼント

今日は公演などがないようで、とても静かなまつもと市民芸術館でした。

まつもと市民芸術館階段

せっかくなので、3階のトップガーデンで行きました。

エレベーターボタン

悪天候以外は、まつもと市民芸術館が開館時間内はどなたでも自由にトップガーデンに行くことが出来ます。

屋上の扉

緑のジュータン

芝生

景色

西

ブラタモリ松本 いよいよ次の土曜日放送です!

ブラタモリ松本

ブラタモリ 次回の舞台はいよいよ松本!「#183 松本~国宝・松本城はなぜ愛された?~」