小路にある隠れ家的なフレンチ「TROIS rojiura-トロワ」

2018.3.18
31
小路にある隠れ家的なフレンチ「TROIS rojiura-トロワ」

2016年に城下町の「新小路」に彗星のごとく現れたビストロ

フランス語の数字の「3」が店名になっています。
サードスペースという意味があるような、美味しい料理とオーガニックワインを提供してくれる心安らぐ素敵な店です。

フレンチコースは、フレンチに全く引けをとらない本格的なフランス料理です。

店内

カウンターでも気軽にお料理を頂きながらお酒を飲めます。

ワインが素敵なんです!
すべて特別なルートで仕入れるオーガニクワインボトルを数十種類取り揃えています。


5名で来店 コストパフォーマンス抜群のコース料理を予約しました!

今宵の最初のワインは、イタリアの発砲ワイン

爽やかな口あたりで今夜のディナーの始まりの相応しい味です。

Col TAMARIEとラベルに書いてあります。

コースの前菜
豆とオリーブのポテトサラダ&人参サラダ&自家製パンのレバーペースト乗せ


2皿目は、サラミ・自家製パテ5種の盛り合わせ
2本目のワインは赤 フランスのローヌ地方のアルデシュ県のGAMAY(ガメイ)という名前のぶどうで作られたワインです。


サラダ
白ワイン3

お魚料理に合わせて、ここからワインを白に変えます。ワインの産地スロベニアのワインです。

毎回ワインを注文する時には、オーナーシェフが、数本料理に合うワインを持って来て、丁寧に1本づつワインの説明してくれます。


MANSUS(マンス―ス)
リージョン:ヴィパーバ谷 ブルリエ Brje
創業:1513年 畑:10ha 11種類 ビオディナミ 補糖なし 天然酵母

創業から500年以上もの長きに渡り、MANSUSは代々ワイン業を営んできました。スロヴェニアの3つのワインリージョンのうち、40%の生産量を誇る西部のプリモルスカ地方、ブルリエ村(Brje)に拠点を置きます。イタリアのトリエステからおよそ100km離れた国境の村で、東西に走るヴィパーバ谷の中央部に位置しています。

http://www.365wine.co.jp/?tid=15&mode=f20


バジルソースのグリンが美しい 8時間煮込みましたと言われた鰯さん 骨まで美味しい~

白ワイン  「ジェローム・ジュレ Jérôme Jouret L’ivraie」
フランス ローヌ地方のワインです。


スープ

絶妙なタイムグでスープが登場しました。

松本一本ねぎ、はまぐり、ポルチーニ、カルダモンなどのスパイスで味付け

このあたりからお腹いっぱい満腹プクプク

子羊

子羊のローストとキャベツのキュッシュ
子羊のお料理とは、THEフランス料理という感じですとってもいいです!素敵です!!でもお腹いっぱいになり過ぎました。

5本目の赤ワイン「ル・マゼル」フランス ローヌ南部アルデッシュの小さな村ヴァルヴィニエールにあります。

ヴァン・ド・フランス・ルージュ・キュヴェ・ラルモンド

デザート

こんなにも美味しいチョコレートケーキが世の中にあるのか!
お肉を残しても別腹ケーキは、完食しました。

3,500円のコース料理 全部で7皿 豪華で美味しいお料理でこの値段!お安いです。

アイスクリーム

最後にみんなで珈琲を注文しましたが、1人ツワモノは、アイスクリームを注文(珈琲・アイスクリームは別料金)
このアイスは、本当に美味しいんです。大好きな逸品!

この夜5人で飲んだ5本のオーガニックワイン (1本約6,000円~)
私はあまりワインは強くありませんが、オーガニックワインは、頭も痛くならないし、二日酔いもしませんでした。

カウンター

取材日 2018年2月