厄除 大安楽寺の大わらじ

2024.1.7
11
厄除 大安楽寺の大わらじ

大安楽寺は、真言宗智山派(しんごんしゅうちさんは)の寺院です。
大安楽寺では毎年、新春厄除観音大祈祷会に、住職と副住職が作った大わらじを踏んで厄落としをします。
健康健脚、無病息災、厄除の御利益があると、人から人へと語り伝えられていて、多くの方々が参拝に来ます。
参道から向こうにお寺が見えます。
  
たくさんの方が参拝に来ていました。


靴を脱いで大わらじを踏んで進みます。
昔、信者さんが、お仁王様が裸足で立っているのを見て、かわいそうだとお仁王様に手編みのわらじを奉納したのがはじまりだと言われています。片足分で畳約14畳分あります。

それからお参りをして、

昨年末にできた新しいわらじは本堂の中にあるので、それも踏んできます。

たくさんの方が福だるまや、お守りを求めて並んでいました。