信濃グランセローズ、松本で首位決戦を制す

2015.6.13
14

6月12日、松本市野球場でBCリーグ公式戦、信濃グランセローズ対福井ミラクルエレファンツの直接対決が行われました。

信濃の先発リリアーノ投手、福井内藤投手で始まった試合。序盤は、2回裏、3回表と両チームとも2点ずつ得点した後、中盤はこう着状態となります。
7回裏1アウト後、涼賢選手がセンターへヒット。2アウトとなりますが、渡嘉敷、永富選手が四球を選び、満塁になります。ここで宮澤選手がセンター前にタイムリーを放ち、2点を獲ります。
さらに8回裏は、大平、柴田選手が連続ヒット、平田選手が死球を受け、ノーアウト満塁の大チャンス。涼賢選手のセンター前ヒットで、2点を追加。
守っては、リリアーノ投手に代わった、中根、小川両投手がピシャリと抑え、福井から首位を奪還しました。
まだ直接対決が3試合残っていますが、この調子で初の前期優勝に期待が高まります。

福井ME 0 0 2 0 0 0 0 0 0 = 2
信濃GS 0 2 0 0 0 0 2 2 X = 6

7回裏、宮澤選手の適時打 8回裏、涼賢選手の適時打
好投したリリアーノ投手