乗鞍で温泉&スキー

2008.12.15
22

冬の乗鞍高原は、温泉スキー(ゲレンデ・クロスカントリー・山スキーの3種類とも!)やスノーボードスノーシューなどが楽しめる、信州の中でも嬉しいスポットです。
週末に、温泉で一泊してスキー場開きの日から早々とスキーを楽しんで来ました。


まずは温泉。

休暇村乗鞍高原が運営する「天峰の湯」でゆったり。
露天風呂は、夜は月明かりの下の雪見風呂を満喫できました。

冬休み前のこの時期は、観光の端境期なので、各宿でお得に泊まれるプランを用意しています。

12/13は、乗鞍高原温泉スキー場のオープン初日。たくさんの方が詰めかけていました。



今シーズンの安全を祈願するスキー場開きの神事。
昨年までは、この後、アルプホルンの演奏、子どもの寒中太鼓、抽選会がありましたが、今年は神事とイベントを分け、イベントは12月27日(土)に行われるそうです。


すぐ横では豚汁のサービスでほっこり。

今年は、11月にまとまった雪が降り、その後12月は暖かかったものの、関係者の努力で整備されて、初心者向きの第3ゲレンデ、その上の中級者向けの国設ゲレンデ、その隣の中上級者向けの休暇村ゲレンデが滑走可能でした。


▲国設ゲレンデにシュプールを描く!    ▲乗鞍岳をバックにボードで決める!

上級コースのかもしかゲレンデのリフトの運行はまだですが、新雪を滑る醍醐味を味わいたい方々が自力で登って行くのが見えました。この日はおおむね晴天でしたが、この時は空に一面にうろこ雲が出て面白い光景でした。

この日は、スキー場開きなのに、ぽかぽかと暖かくて春スキーのようでした。爽快でしたが、滑走面は、だいぶ前に積もった雪が溶けて土が見えている場所もありました。翌14日に、また冷え込んで山は雪が降ったようなので、これからコンディションも良くなって行くことでしょう。
こちらもご参照ください・・・松本市職員によるスキー場開きの記事
乗鞍高原温泉スキー場公式サイト 乗鞍高原公式サイト