ツール・ド・美ヶ原、参戦記 安全祈願、犬飼神社参拝編

2009.6.23
20

美ヶ原と犬飼神社の関連をまず、記しておきます。
(フィクションを含みます)
美ヶ原というと、高原と牧場美術館とビーナスラインがイメージとして強いですが、松本平から眺めると、東側最高峰の特徴的な山ですね。
その、松本側から見える部分が王ヶ鼻で、ここに(大きくはないですが)石造の神仏が鎮座しているのをご存知の方も多いと思います。この石仏は『御嶽信仰』に由来し、御嶽山方角を向いているといわれています。
実は、この場所が、犬飼神社(奥の院???)なのです(多分)。
なんと言っても、『犬飼山御嶽神社』ですから、絶対関係あります。・・・と信じています。


という事で、以下、島内犬飼神社、参拝編です。
自転車1170自転車1173

新橋、奈良井川より、スタートです。
この写真右手、城山丘陵の斜面に、その不思議な空間が隠されています。
川に沿って下流に進み、拾ヶ堰取水口の堰を渡ります。
自転車1175自転車1177

R19犬飼新田の信号の少し北側の道を東に入ります。
篠ノ井線の下を通り、飯綱神社の脇を通って行きます。
この先、右折して、飯綱神社の裏側の道を進みます。
自転車1178じてんしゃ

道がここで終わっているように見えますが、右の藪にみえる道を進みます。
夏場、少し草、ヘビイチゴなど茂っていますが、すぐに砂利道が表れます。
自転車1179自転車1182

砂利道の終わりで、右側(西側、川側)に、旧道らしき道が見えます。
ここを左側(東側、山側)に進むと、犬飼神社鳥居と石段が現れます。
ここが、異空間への入り口です。
自転車1184自転車1185

石段は、崩れていて危険なので、脇の地道を進みます。
多くの石造神仏が、道案内をしてくれます。
徒歩で、このまま山側本殿まで登るのが良いのですが、今回は自転車
なので、一旦、来た道を引き返して、宮渕より、城山~アルプス公園方面
の道へ迂回します。
自転車1186自転車1187

城山デイサービス入り口の道へ入り、一つめの道を右折します。
自転車1188自転車1189

右に登る脇道に入り、地道を進みます。
自転車1192自転車1191

遊歩道を横切るとそこが、犬飼神社山側の境内です。
自転車1193
本殿で、今回の安全祈願をします。   黙祷
自転車1199
自転車1194自転車1196

本殿直下には、石段があるのですが、崩れて危険なので、脇の地道参道より、登りましょう。
自転車1198自転車1195

朝靄ではっきりしませんが、木々の間から、奈良井川、島内方面が見えます。

これで、ツール・ド・美ヶ原、参戦記、プロローグ編の終了です。
後はタイムオーバーリタイヤが心配な、当日編へと続きます。
ツール・ド・美ヶ原、参戦記 試走朝トレ編はこちらです。