OMFオペラ ラヴェル:歌劇「子どもと魔法」・楽器紹介

2016.9.10
2

小澤征爾音楽塾オーケストラ(73名)によるOMFオペラ ラヴェル:歌劇「子どもと魔法」では
「子どものためのオペラ」2公演とラストの一般公演で、
楽器紹介がありました。
トランペット ♪ギャッツビーのテーマ
DSC_1550
チェロ ♪シンドラーのリスト
DSC_1554
クラリネット ♪スーパーマリオのテーマ
DSC_1558
コントラバス ♪動物の謝肉祭より「像」
DSC_1561
チェレスタピアノ ♪金平糖の精の踊り
移動しながらの演奏です。
DSC_1563
ピアノの百瀬功汰君は塩尻市出身
DSC_1564
トロンボーン ♪76本のトロンボーン
DSC_1568
ファゴット ♪私のお気に入り
DSC_1569
オーボエ ♪白鳥の湖より「4羽の白鳥の踊り」
チュールを付けて踊りながら出てきましたよ。
DSC_1574
チューバ ♪ピンクパンサーのテーマ
DSC_1576
フルート ♪カルメンより「衛兵の交代」
DSC_1578
パーカッション ♪ミッキーマウスマーチ
DSC_1583
ホルン ♪サザエさんのテーマ
ホルン奏者の一人田中沙弥さんは飯田市出身
DSC_1587
ヴィオラ ♪宇宙戦艦ヤマト
DSC_1329
ハープ ♪ミスティ
動きながらの演奏。
DSC_1591
ヴァイオリン ♪ダースベイダーのテーマ
ダースベイダーもいます。戦ってるし!!
DSC_1596DSC_1668
オーケストラはこの皆さんで構成されています。
普通はオーケストラピットといってはじめから舞台より下に下がっているのですが
特別下がるところも見せてくれました。
まず、フェンスがあがってきて 次にピットが下がっていきます。
DSC_1599
これで演奏に入れます。チューニングといって音合せをし終わると
指揮者が入ってきて演奏が始まります。
DSC_1348

今回のダースベイダーのマスクとか、衛兵の帽子とか、アマゾンで購入したとか・・・・
楽器によって その楽器に合う曲を使いそれぞれ工夫した楽器紹介でした。

≪小澤征爾音楽塾≫
恩師であるカラヤンの言葉「交響曲とオペラは、音楽という車の両輪のようなもの」を持論とする小澤は、2000年6月、小澤征爾の長年の夢であった教育プロジェクトとして、オペラを通じて若手音楽家を育成することを目的に「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト」のためにオーケストラを結成しまた。オーディションにより選ばれた優秀な若い音楽家たちが、指揮者小澤征爾とSKOのメンバーをはじめとする演奏家のもとで指導を受け、その実践の場として小澤征爾音楽塾を年に一度開催しています。小澤征爾音楽塾は、これまでに14回開催され、9つのオペラ作品と1つの交響曲を取り上げてきました。
オーディションは2015年10月に都内各所で実施。
最年少はチェロ奏者の 何嘉音(中国出身16歳) 最年長はチェレスタ奏者(日本出身35歳)