山屋御飴所やまやおんあめどころ

7
  • 外観

江戸時代から続く飴文化を今に繋ぐ老舗飴店

創業は今から346年前の寛文12年(1672年)。徳川綱吉が第五代将軍として活躍した頃、乾燥した気候の信州松本で、湧き出る清らかな水と安曇野で獲れるお米を原料に飴を作り始めました。今も、米飴を主原料として素朴で優しい甘さの飴を作り続けています。

飴づくり体験も開催しています!

お店の道路を挟んだ向かいに太田さんの自宅と工場があります。
元々住まわれていて古い家屋で飴づくり体験のスペースを作りました。

週末予約制で体験が出来ます。昔ながらの道具を使い2種類の飴を作りお土産に持ち帰ることが出来ます。

はしごチケットサービス「吟のしずく」試食

吟のしずく試食

吟米酒のようにお米の真ん中の1番美味しいところだけ取り出し雑味を省いた米で作られた水飴です。

まるで蜂蜜のような癖のない自然な甘さが魅力です。

はしごチケット

アンケートに答えて、はしごチケットを出すと...
絶品吟醸水飴「吟の露」をその場で試食
はしごチケットについて詳しくはこちら!
住所
〒390-0874 長野県松本市大手2丁目1−5
TEL
0263-32-4848
URL
https://www.yamaya-candy.com/
営業時間
9:30
17:30
定休日
駐車場
2
アクセス
徒歩
松本駅から徒歩7分
SNS
  • おすすめ

    堂々飴

    ¥432
    米から作った飴
    戦時中軍の携帯食として提供でしたので、軍人さんが堂々と歩く姿からネーミングされた。
  • おすすめ

    板あめ

    ¥540
    板飴は昔からのある飴で豆が入ったものが定番ですが、最近ではリンゴを入れたものなど新しい板飴もあります。
    高温で煮詰めた米飴にピーナッツを混ぜ合わせ、軽い歯応えを楽しめる様に薄く伸ばして板状に仕上げています。まるでせんべいのようなパリパリとした食感と香ばしさは「食べ始めたら止まらない」と、評判だそうです。
  • おすすめ

    御あめミックス

    ¥540
    昔ながらの定番の3種類の御あめを民藝調の小箱に詰合せたセットです。砂糖を使わず優しい甘さが人気の白玉飴、それにミルクとバターを混ぜ込んだ堂々飴、パリパリ食感と落花生の香ばしさが人気の板あめ。
  • おすすめ

    堂々とろり

    ¥864
    はちみつと同じくらいの粘度に仕上げた米飴を使った水飴で、常温でトロリとしています。
2020.8.10 ※経年変化により、記事の内容と現在の状況は異なる場合があります