扉 天然温泉「桧の湯」とびらてんねんおんせんひのきのゆ

18
  • 室内
  • 入口

扉温泉は、

天手力雄命が戸隠に天の岩戸を運ぶ途中で休んだとされる神話に由来して名づけられた温泉です。松本市内から車で約45分、県道67号線を美ヶ原高原方面に上がっていきます。

2軒の旅館と1軒の公共温泉施設「桧の湯」があります。

「山辺地区農林家組合 扉温泉 桧の湯」は、松本市美ヶ原から流れる薄川上流の温泉施設です。


山辺石(やまべいし)

で組んだ庭園風の露天風呂は、無色透明で湯温40度とかなりぬるめでした。
周りの景色を楽しみながらゆっくりと入っていることができます。
市内から1日おきに訪れているという女性は、紅葉や雪の時季の露天風呂が
最高だと話していました。
湯冷めしらずの温泉でいつまでも体がぽかぽかしているそうです。
400 L/分の豊富な湯量のため、水道・シャワーも温泉です。

風呂

大浴場 男女 各1
露天風呂 大浴場の外にそれぞれ岩組みの露天風呂を併設
泉質 単純温泉
湧出量 300リットル/分
泉温 40度
効能 神経痛、関節痛、慢性消化器病

その他施設

休憩室 18畳 湯茶セルフサ-ビス
食堂 沢渡商店懸巣食堂 ご飯もの・ラ-メン・アルコ-ル類

毎年1月3日~5日まで100個ほどの?りんごが浮かぶ
「りんご風呂」になります。

住所
松本市入山辺8967-4-28
TEL
0263-31-2025
URL
https://www.mcci.or.jp/www/hinoki/
営業時間
10:00
19:00
入場受付は18時30分まで
定休日
12月第2木曜日、温泉施設の点検・清掃のため休業
12月31日~1月2日まで休業
料金

入浴料

入浴のみ大人
¥300
入浴のみ子供
¥200
入浴+休憩室利用 大
¥600
入浴+休憩室利用 子供
¥300

貸室(別棟)

36畳 一日
¥6,000
36畳 分割使用
¥3,000
6畳 一日
¥1,500
タオル・シャンプー・石鹸の販売あり(備え付けはなし)
駐車場
40
無料
アクセス
長野自動車道 松本IC~松本市内~県道松本和田線~扉温泉薄川沿いに上流へ50分
2018.10.5 ※経年変化により、記事の内容と現在の状況は異なる場合があります