松本市美術館まつもとしびじゅつかん

16

平成14年4月にオープンした松本市美術館は、市民が心をひらく学びの森として、地域に根ざす総合美術館を目指しています。

1階フロアには学習活動を支援する市民アトリエ、講座室、版画室など教育普及機能を備えています。
2階フロアは、企画展示室、多目的ホール、市民ギャラリーから構成され、動きのあるフロアとなっています。特に企画展示室は従来中央の美術館へ出向かないと鑑賞が難しかった、貴重な絵画や美術資料を展示する機能と規模を有しています。

3階フロアは、松本市が収集している珠玉の美術資料を中心に常設展示しています。特に松本出身の書家・上條信山(かみじょうしんざん)や、信州の山をこよなく愛した洋画家・田村一男(たむらかずお)の作品は記念展示室を設けています。また、松本出身で世界的に活躍している草間彌生(くさまやよい)の作品も展示しています。

美術館正面には草間彌生の巨大彫刻作品≪幻の華≫が設置されています。

はしごチケット

アンケートに答えて、はしごチケットを出すと...
割引優待券を1枚プレゼント(その場で使えます!)
はしごチケットについて詳しくはこちら!
住所
〒390-0811 長野県松本市中央4丁目2−22 松本市美術館
TEL
0263-39-7400
URL
http://matsumoto-artmuse.jp/
営業時間
9:00
17:00
入場は16:30まで

定休日
月曜日が祝日の場合は次の最初の平日
12月29日~1月2日
SNS

料金

観覧料(常設展)

大人
¥410
大学高校生
¥200
中学生以下、70歳以上の松本市民
¥0

アクセス

徒歩

松本駅から徒歩約12分

バス

アルピコ交通バス 北市内線東まわり[松本市美術館]4分下車 
※土曜休日は午前のみ
タウンスニーカー(市内周遊バス)東コース [松本市美術館] 14分下車
2018.10.25 ※経年変化により、記事の内容と現在の状況は異なる場合があります