実家カフェ

まるで実家でくつろいでいるような昭和な感じのカフェ

DSC_9088DSC_9099

実家カフェの玄関と 生姜ミルクティー

DSC_9110DSC_9083DSC_9109

レトロな看板のついた 昔からある田舎の家、アプローチの石段を登ると
これまた普通の家のドア。おかえりなさいと書かれています。
玄関に入ると昔ながらの下駄箱。昭和な雰囲気です。

DSC_9089DSC_9104DSC_9105

部屋に入るとソファーがありゆったりくつろげます。
流れる音楽も昭和のメロディー。懐かしいレコードが並んでいます。
編み物や雑貨の販売コーナーもあります。

お勧めは実家プレート

DSC_9090

ごはんパンとすり流しスープの二本だてのプレート。
とってもお得です。

すり流しスープは和風ポタージュのような感じで自家栽培の季節の野菜(じゃがいもとかトマトとかだいこんとか・・)を中心に作っています。

DSC_9095 DSC_9096

ご飯を潰して小麦粉と混ぜて作ったごはんパン。今日は和カレーごはんパン。
こうちゃのカップの底をのぞくと だいじょうぶって書いてありました。
(ありがとうってのもありました。)
単品のものには信州のお約束、お菓子と漬物が付いています。
またコーヒーもポットで出てくるのでおかわりができるというお得なおもてなしです。

DSC_9102実家カフェオーナー、今西さんご夫婦。奥さん孝恵さんは松本の出身、ご主人功さんはIターン。
松本はイベントやクラフト、SKF(これからはOMF)など文化的にも面白くなってきているし
個性的なお店も増えていると語るお二人。
いろんなワークショップも計画してやっています。

「おかえりなさい
昭和な民家で
昭和なメロディ
懐かしくて新しいひとときを
お過ごし下さい」

住所
長野県松本市蟻ヶ崎3-7-31
TEL
070-6985-4111
URL
http://inakahatake.seesaa.net/
営業時間
11:00
17:00
LO 16:00
定休日
収容人数・席数
15 (座布団席あり)
駐車場
2
普通車1台、軽自動車1台
アクセス
徒歩
深志高校から徒歩2分、中央図書館より徒歩5分です
2015.2.15 ※経年変化により、記事の内容と現在の状況は異なる場合があります