窪田空穂記念館くぼたうつぼきねんかん

8
窪田空穂記念館

-心に生き続けた故郷・和田-

歌人・国文学者として活躍した窪田空穂の業績を記念して、かつては、天領であった和田地区の住宅街の窪田空穂の生家の前に記念館が建てられています。空穂は、明治10年和田村に生まれ、昭和42年東京で91歳の生涯を終えましたが、作品の中には故郷の風土や人々への思いが生き続けています。

常設展では、空穂の生涯がテーマ別に展示され、直筆の短歌、歌集などの出版物のほか、愛用の懐中時計、トランプなどの遺品も展示しています。

IMG_6546明治10年(1877)和田村(現・松本市)生まれ。本名・通治。太田水穂に刺激を受け短歌を作り始めました。
空穂の歌の特徴は内省的な心情の機微を捉えた作風にあります。
早稲田大学の教授になって、歌人・国文学者として後輩の指導にもあたりました。昭和33年(1958)文化功労賞を受賞。昭和42年(1967)東京で数え年91歳の生涯を終えました。(松本市HPより)

常設展では、空穂の生涯がテーマ別に展示され、直筆の短歌、歌集などの出版物のほか、愛用の懐中時計、トランプなどの遺品も展示しています。

IMG_6551

記念館の道路を挟んだ前にある生家も見学が出来ます。
本棟造りの生家は、明治8年の往時の姿のまま保存されています。

訪問した当日は、地域の子供たちの将棋教室がおこなわれていて、残念ながら中に入ることは出来ませんでした。

庭は、「松本市オープンガーデン」として見ることが出来ます。
オープンガーデンのページです。

IMG_6554

住所
松本市大字和田1715-1
TEL
0263-48-3440
URL
http://matsu-haku.com/kubota/
営業時間
9:00
17:00
ただし入館は午後4時30分まで
定休日
年末年始
休日の場合は翌日
12月〜2月末までの期間は、土日・祝祭日以外休館
料金

観覧料

大人(高校生以上)
¥300
小人(中学生以下)
料金
アクセス
バス
松本駅前バスターミナルから「山形線」20分、「和田町郵便局」下車、徒歩3分
松本駅から約20分、松本I.Cから約10分
2018.7.6 ※経年変化により、記事の内容と現在の状況は異なる場合があります