県宝 橋倉家住宅けんぽう はしくらけじゅうたく

17
県宝 橋倉家住宅

ここは江戸時代「東ノ町」とよばれ、一帯は武士の居住地区でした。橋倉家も武士の住宅のひとつです。


内部は長押や座敷以外の部屋の天井の省略など藩庁の厳しい規制をうかがわせています。江戸時代の武家住宅の形式が良好に保持され、保存状態も良好です。

 

住所
松本市旭2-10-1
URL
http://takara.city.matsumoto.nagano.jp/prefecture/045.html
アクセス
松本駅から車で15分
2018.3.12 ※経年変化により、記事の内容と現在の状況は異なる場合があります