槻井泉神社と井戸つきいずみじんじゃのいど

39
  • 槻井泉神社の井戸
  • 湧水と鯉
  • 槻井泉神社3年7月
  • ケヤキを見上げる

この地域の地名「清水」はこの湧水に由来します。平安時代には近くに官街が通り古くからの水場です。

槻井泉神社と湧泉

現在、美津波廼女命(みずはのめのみこと)、御井神(みいのかみ)、鳴雷神(なるいかづちのかみ)を祭神とする槻井泉神社がまつられていますが、この神社については江戸時代以来、『三代実録』の記載にある元慶5年(881)12月従五位下に叙せられた延喜式外の槻井泉神社との伝承があります。しかし、県内には槻井泉神社を称するものが数社あり、確証は得られていません。

明治12年(1879)の長野県市町村誌編さん時の資料には、
「社地は東西二間、南北五間、面積十坪税地、(中略) 社前に清水湧き出て、暑寒に涸(か)れず、槻(けやき)の老大樹二株、榧(かや)、梅の樹あり。人平常井戸神の宮と伝」 とあります。近年の自然環境の変化によって湧水量が減ってきたのと全体の修景のため、平成2年に改修工事がおこなわれました。

高さ200m樹齢300年と言われるケヤキは市天然記念物に指定されています。

高さは25m程度で、目通りの太さは1.6mほどある大木です。近隣の住宅をおおうほどに枝ぶりもよく、旺盛な生育をしています。水分条件もよく、神社の御神木として、また湧泉とともに地域の憩いの場として大切にされています。

松本市特別史跡及び特別天然記念物

槻井泉神社の湧泉とケヤキ

  • 指定等区分 松本市特別史跡及び特別天然記念物
  • 指定年月日 昭和42年2月1日
  • 種別 井泉、植物
  • 所在地 松本市清水1-2ほか
  • 所有者 個人

住所
〒390-0805 長野県松本市清水1丁目2 槻井泉神社
2021.7.12 ※経年変化により、記事の内容と現在の状況は異なる場合があります