林城史跡 国史跡指定の山城

34

 

林城は松本平の東の端、市内の喧噪から少し離れた里山の風景が広がる里山辺にあります。戦国時代の典型的な山城のため井川城と共に国史跡となりました。天文19年(1550年)武田信玄がここに侵攻し、この時、小笠原長時および城兵は逃亡し、落城しました。

林城跡(小城)

山城の散策コースは、金華橋から登る大城と大嵩崎谷(おおつきだに)の東から登る小城があります。金華橋の登り口には「林古城会」作成の散策マップや、竹のストックもありました。最初は急坂ですが整備が行き届いた道なので、お勧めのコースです。

林城跡(左大城・右小城・大嵩崎谷)

 

林大城の主郭にある案内表示

小笠原氏城跡案内
住所
〒390-0221 長野県松本市里山辺4628
2018.3.30 ※経年変化により、記事の内容と現在の状況は異なる場合があります