千歳橋せんさいばし

10

女鳥羽川にかかる橋

松本城は、内堀・外堀・総掘りに囲まれています。更に南の総掘りの外を流れる「女鳥羽川」も敵からの侵入を防ぐために大きな役割を果たしていました。本町の商人町からは、武家以外は大手橋を渡ることは許されていませんでした。
庶民は、本町~中町~東町と女鳥羽川を迂回して善光寺街道を通りました。

 

かつての木製の大手橋は、明治9年(1876)に取り壊された大手門門台の石を利用して石橋に替えられ、名前も千年も持つ橋になるように
「千歳橋」と変わりました。昭和39年に現在の近代的な橋に造り替えられました。

現代であってもこの橋は、中心市街地南北・東西の中心に位置している大切な場所です。

住所
〒390-0874 長野県松本市大手3丁目3
2019.9.2 ※経年変化により、記事の内容と現在の状況は異なる場合があります