イベント

TALK|服部滋樹 × 大神崇× 星野亜紀子「フットボールとローカリティ」

1
TALK|服部滋樹 × 大神崇× 星野亜紀子「フットボールとローカリティ」
開催日
2020.1.18 (土)
営業時間
18:30 - 20:00
*開場18時~
料金
料金
¥1,000
*1,000円 + one drink order
*定員|30名[予約優先]
お問い合わせ
栞日 0263-50-5967
URL
https://sioribi.jp/info/event_200118_01/

対談|服部滋樹[graf]× 大神崇[SHUKYU Magazine]× 星野亜紀子[松本山雅]

POP-UP STORE|SHUKYU Magazine「SHUKYU Shop」

フットボールカルチャーマガジン『SHUKYU Magazine』による POP-UP STORE「SHUKYU Shop」が栞日1Fにオープンします。〈松本山雅〉も登場する最新号「LOCAL ISSUE」やバックナンバーに加え、〈CITY BOYS FC〉とのコラボによるオリジナルアイテムも販売します。

そして、初日 1.18[土]夜には、大阪のクリエイティブユニット〈graf〉代表の服部滋樹さんを会場に迎え、最新号のテーマ「LOCAL」に関するトークイベントも開催。お誘い合わせの上、ぜひお出かけください。

 

SHUKYU Magazine

東京を拠点に活動する、フットボールカルチャーマガジン。毎号ひとつのテーマを軸に特集を組み、選手・クラブ・サポーターといった「人」から「ファッション」「アート」「建築」「食」まで、ゲームの背後に存在する様々なもの/ことを、独自の視点で読み解いていく。

服部滋樹(はっとり・しげき)

1970年生まれ、大阪府出身。〈graf〉代表、クリエイティブディレクター、デザイナー。美大で彫刻を学んだ後、インテリアショップ、デザイン会社勤務を経て、1998年にインテリアショップで出会った友人たちと〈graf〉を立ち上げる。建築、インテリアなどに関わるデザインや、ブランディングディレクションなどを手掛け、近年では地域再生などの社会活動にもその能力を発揮している。京都造形芸術大学芸術学部情報デザイン学科教授。 https://www.graf-d3.com/

大神崇(おおがみ ・たかし)

1984年生まれ、大阪府出身。『SHUKYU Magazine』編集長。原宿のオルタナティブスペース〈VACANT〉創設に携わる。2016年独立。カルチャーからスポーツまで、ジャンルにとらわれない活動をしている。

event_200118_01
▼ 日程|2020.1.18[土]- 2.2[日]
▼ 会場|栞日1F

フットボールカルチャーマガジン『SHUKYU Magazine』による POP-UP STORE「SHUKYU Shop」が栞日1Fにオープンします。〈松本山雅〉も登場する最新号「LOCAL ISSUE」やバックナンバーに加え、〈CITY BOYS FC〉とのコラボによるオリジナルアイテムも販売します。

画像提供_SHUKYU Magazine

*情報は、「栞日」さん公式サイトより頂きました。

  • 栞日sioribi 

    栞日sioribi 

    〒390-0815 長野県松本市深志3丁目7 栞日
    徒歩
    JR松本駅から徒歩10分
    詳細ページ