イベント

阿佐ヶ谷スパイダース『MAKOTO』

24
阿佐ヶ谷スパイダース『MAKOTO』

新たなキャストを迎えて劇団化した《 新生・阿佐ヶ谷スパイダース 》が松本に登場!

開催日
2018.9.29 (土), 2018.9.30 (日)
料金

全席指定・税込

一般
¥5,000
U18
¥2,000
※未就学児入場不可
※U18 (18歳以下)チケットは、当日年齢証明書をご提示下さい。
※車椅子または補助犬を伴ってご入場の方は、チケットご購入時にまつもと市民芸術館チケットセンターまでお知らせください。
お問い合わせ
まつもと市民芸術館 0263-33-3800
URL
https://www.mpac.jp/event/drama/25621.html

新たなキャストを迎えて劇団化した《 新生・阿佐ヶ谷スパイダース 》が松本に登場!

注目の第1作目となる新作「MAKOTO」は、「K.テンペスト 2017」出演の中村まこと、「白い病気」出演の坂本慶介、信州・まつもと大歌舞伎「三人吉三」では演出助手も努めた長塚圭史と、松本でも馴染み深い顔ぶれが揃います。

【作・演出】
長塚圭史

【出演】
中村まこと
大久保祥太郎/木村美月/坂本慶介/志甫真弓子/伊達暁/ちすん
長塚圭史/中山祐一朗/森一生/李千鶴
※藤間爽子は松本公演に出演しません

長塚圭史コメント

新たな船出となる阿佐ヶ谷スパイダースの新作『MAKOTO』が幕を開きます。2016年の『はたらくおとこ』上演中に草案し、2年間温めてきました失意の男のドラマです。主演は改めて劇団員として加わった中村まこと。さらにオーディションによって7人の新メンバーが加わりました。さて、大いなるギアを入れ直したところで、日本の夏を爆走しようと思います。 –長塚圭史–

ものがたり

医療事故で妻を失った自称漫画家。
失意の漫画家は妻との思い出を燃やしてゆく。
すると思い出は消えるが、代わりに強大な腕力が漲り次々と怪事件を起こしてゆく。
愛国心溢れる漫画家の言う通り、その悲しみは日本のエネルギーに代わるのか。
破天荒の漫画家と彼を取り巻く市井の人々と家族の物語。

  • まつもと市民芸術館

    まつもと市民芸術館

    松本市深志3丁目10番1号
    電車
    JR中央線・篠ノ井線 松本駅下車徒歩10分
    バス
    路線バス、あるいは松本周遊バス「タウンスニーカー」 東コース・南コースをご利用ください。
    停留所「市民芸術館」で下車
    詳細ページ