イベント

Maket|街と土 #01

6
Maket|街と土 #01
開催日
2019.12.3 (火)
営業時間
15:00 - 21:00
料金
無料
お問い合わせ
栞日 0263-50-5967
URL
https://sioribi.jp/info/event_191203_01/
SNS

\ MARKET /
◎ 街と土 #01
▼ 日時|2019.12.3[火]15:00-21:00
▽ 15:00-18:30 MARKET
▽ 18:30-20:00 TALK「街に届けたい土のこと」
▽ 20:00-21:00 MARKET

この夏に、栞日分室の八月企画「くらすこと展」のオープニングイベントの一環として、「#00」を添えつつ開催された野菜市「街と土」が、冬の入口にいよいよ「初回」を迎えます。

0回目のときは、この企画「街と土」の開催について考えるきっかけとなった、古来種野菜のファーマーズマーケット「種市」を主催する〈オーガニックベース〉の奥津爾さん・典子さん(吉祥寺/雲仙)、そして「くらすこと展」を開催してくださった〈くらすこと〉の藤田ゆみさん(福岡)、さらに、ふた組共通の盟友で八百屋の〈金子商店〉さん(福岡)はじめ、幾人もの偉大な先輩およびゲストの皆さんに、お力添えをいただきました。

今回は、松本という街を基点に、よりローカルなメンバーによる「街と土」を試みます。

この秋から友人の山口高広さんが始めた、農家と料理家の集い「MAKERS」との連動にもトライ。両者が出会い、お互いの現実を認識した上で、これからの農作物の届け方を模索すべく、アイデアを交わす「MAKERS」という場を、「街と土」の中でも紹介したく、参加メンバーによるトークイベントを組み込みました。

季節は冬。夏秋の収穫をひと通り終えた畑から、農家の皆さんが何を届けてくださるのか。それを受けた料理家の皆さんが、どんな料理でどんな提案を繰り出してくださるのか。ぜひ、ご注目ください。そして願わくば、会場に足を運んでいただき、農家や料理家と会って話して、野菜と料理をその舌で味わっていただけたら。

僕らが思い描いているのは「この街の近くの土のことは、この街で買い支える」という、極めてシンプルな(それでいて、あたらしい)これからの流通のかたちです。

「街と土」
この街のそばには土がある。あたり前なのに忘れがち。街に暮らす僕たちが、土に向き合うあの人のことを思い出し、ともに歩むためのマーケット。

▼ TALK「街に届けたい土のこと」
▽ 鼎談|山口高広[MAKERS]× 古家豊和[たべくら農園]× 藤原直樹[Oldies b Goodies]
▽ 進行|菊地徹[栞日]

この秋はじまった「MAKERS」は、農家と料理家がテーブルを囲み、この街の生活者が身近な生産者を買い支える仕組みについて、アイデアを交わすための集い。発起人の山口高広さんと、参加メンバーのふたりを迎え、それぞれの狙いと手応え、この先の期待と課題を伺います。

  • 栞日sioribi 

    栞日sioribi 

    〒390-0815 長野県松本市深志3丁目7−8
    徒歩
    JR松本駅から徒歩10分
    詳細ページ