イベント

第25回まつもと演劇祭 中止となりました。

30
第25回まつもと演劇祭 中止となりました。
開催日
2021.10.8 (金) 〜 2021.10.17 (日)
営業時間
19:00 -
**公演ごとにスケジュールは、違いますので、公式サイトでご確認ください。
料金

チケット

パスポート(一般) 前売
¥2,000
パスポート(U25) 前売
¥1,000
単券(一般) 演劇祭期間中のみ販売
¥1,500
パスポート(一般) 当日
¥3,000
パスポート(U25)当日
¥2,000
【前売券取扱プレイガイド】
●まつもと市民芸術館チケットセンター

●平安堂あづみ野店●井上プレイガイド●上土劇場

当日取扱い

(演劇祭開催期間のみ販売)

●まつもと演劇祭本部
(上土劇場特設ブース)●まつもと演劇祭サテライトブース(市民芸術館内)
お問い合わせ
まつもと演劇祭実行委員会事務局 070-5595-5080
URL
http://magenavi.com/engeki/
SNS
本年10月8日より開催予定でした当演劇祭は「中止」と決定いたしました。
昨年に続き2年連続の中止となり、開催を楽しみにしておられましたお客様には心よりお詫び申し上げます。
中止の大きな理由としましては、あらかじめ当演劇祭が独自で定めていた新型コロナウイルス感染拡大防止指針により、開催の約1ヶ月前の時点で、県・市が警報レベル5に達してしまった場合は、無観客配信への変更か開催中止を決判断する必要があったことです。
これに伴い実行委員会にて現時点での全体的な進捗を踏まえて議論を重ねた結果、苦渋の選択ながら、本年の第25回まつもと演劇祭は「演劇祭自体を中止」という決断を致しました。(当初予定しておりました、当日オンライン配信や後日のアーカイブ配信等もございません)
私たちは、十分に対策をしての演劇の公演そのものがコロナのクラスターを招くとは考えておりませんし、実際現在でも満席の状態での公演も実施されているところも見聞きいたします。
しかしながらまつもと演劇祭の打ち出している現在の形式での趣旨としては、市内各所にて日本全国各地の地域演劇を催し、多くのお客様をお迎えし、さらに市中を巡って楽しんでいただきたいという目論見があります。残念ながらこれは、現在政府が求めているコロナ対策「人流をいかに減らすか」という意図とは逆行するものであります。
また、地域演劇の実情には、多くの劇団員が社会人として生活しながらも、演劇活動を行うと言う形態が多く見受けられます。
そうした中、コロナ感染第5波により、地域の医療現場は逼迫し、また企業内での感染が広がり警戒感が増大する中で、出演者たちの職場や学校から外出の禁止や、会合や集まりへの不参加の要請があり、稽古や本番が満足に迎えられないと言う問題も派生しました。
これらのいくつかの実情を鑑み、苦渋の選択ながら、本年は中止の判断を致しました。(公式FBより)

地元の劇団を観劇する

地元の劇団よる生の演劇公演!!

「松本は演劇の街」という認識が松本の地に浸透したのは、まさに彼らの努力があったからこそ。
歴史ある演劇祭を信念で守り続けてきた彼らにしか分からない第25回の大きな意義  。
コロナ禍による昨年の演劇祭中止を一番悔しく思っていたのは彼らであることは言うまでもありません。
「待ってました!!」とばかりに力強く動き出した彼らの溢れる情熱を、そして魂の叫びを是非身近で感じて下さい。

幻想劇場◎経帷子「箱庭迷宮2021」

作・演出 廣田謙一

10月8日(金)20:00

9日(土)11:00、19:00

10日(日)11:00

会場 まつもと市民芸術館(小ホール)

せーので、めしあがれ!「劇中夢」

作 如月ジロー ・ 演出 神戸カナ

10月16日(土)11:00、18:00

17日(日)11:00、15:30

会場 上土劇場

抗原劇場−「 アレルゲンシアター」

O /P /U /S

作・演出 山田カイル

10月15日(金)20:00

16日(土)16:00、20:00

17日(日)13:00

会場 まつもと市民芸術館(オープンスタジオ)

県外の劇団による地元での演劇公演をライブ生配信!!

ブルーエゴナク「眺め」

作・演出 穴迫信一

10月9日(土)14:00

会場 信毎メディアガーデン

[京都・シアターE9より生ライブ配信]

TEAM SPOT JUMBLE

劇団結成15周年記念公演 第二弾「6 -six-」

作・演出 末吉功治

10月10日(日)13:00

会場 信毎メディアガーデン

[沖縄・アトリエ銘苅ベースより生ライブ配信]

*情報は「第25回まつもと演劇祭」公式サイトより頂きました。