イベント

人形浄瑠璃文楽 『木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」』

1
人形浄瑠璃文楽 『木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」』
開催日
2024.2.25 (日)
営業時間
14:00 -
料金

鑑賞料

一般
¥4,500
U25 前売りのみ
¥1,500
【全席指定・税込】
※未就学児入場不可。
※U25(25歳以下)チケットは、当日年齢確認証をご提示ください。
※車椅子または補助犬を伴ってご入場の方は、チケットご購入時にまつもと市民芸術館チケットセンターまでお知らせください。
お問い合わせ
まつもと市民芸術館 0263-33-2200
URL
https://www.mpac.jp/event/39708/
木ノ下裕一による解説付き!
人形浄瑠璃文楽 『木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」』(このしたかげはざまがっせん)

竹本錣太夫、鶴澤藤蔵、桐竹勘十郎*、吉田玉男*(*人間国宝)の実力者たちが織りなすドラマティックな人形浄瑠璃文楽の世界

★12/5関連企画について追加いたしました!

文楽が初めてでも楽しんでいただける、解説&アフタートーク付きの豪華三部構成でお届けいたします。
第一部は木ノ下裕一がナビゲートする「人形浄瑠璃文楽」の魅力&演目の解説。第二部は桶狭間の戦いを題材とした演目『木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」』の上演。2021年ロームシアター京都にて人形付きで87年ぶりの復活上演をした幻の名作。第三部では木ノ下裕一と出演者によるアフタートークを実施。
松本で文楽を楽しみましょう!

◎プログラム
【第一部:木ノ下裕一による文楽入門】
世界無形文化遺産・人形浄瑠璃文楽の魅力を木ノ下裕一が解説いたします。
文楽の柱となる三業(さんぎょう)とは何か、また第二部の作品の見どころなど、文楽初心者の方にも文楽通の方にも楽しんでいただける講座です。
[ナビゲーター]木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎主宰・まつもと市民芸術館参与)

【第二部:人形浄瑠璃文楽『木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」』(このしたけかげはざまがっせん たけなかとりでのだん)】
竹中砦の段は、斎藤義龍の名軍師「竹中官兵衛」と、官兵衛の娘・千里と恋仲に落ちた、敵・小田春永の家臣「佐枝犬清」をめぐる謀略と人情が入り乱れるドラマティックな時代物。
義太夫節を組み立てる太夫がひとり休みなく語り続け、三味線弾き、人形遣いも高度な技巧が求められる大曲で、それぞれの登場人物の多くに口説きの場面がある骨太な作品です。
2021年ロームシアター京都にて人形付きで87年ぶりの復活上演をした作品。
[出演]
〈浄瑠璃〉竹本錣太夫
〈三味線〉鶴澤藤蔵
〈人形遣い〉桐竹勘十郎(人間国宝)、吉田玉男(人間国宝)、他のみなさん

配役表はこちら→配役表pdf

【第三部:アフタートーク】
上演後、本企画関係者によるアフタートークを実施します。今回の上演の意義や上演後の感想などを展開します。
[出演]
竹本錣太夫、鶴澤藤蔵、桐竹勘十郎、木ノ下裕一

 

★文楽とは…?

物語の語り手の太夫(たゆう)・三味線弾き(しゃみせんひき)・人形遣い(にんぎょうつかい)の三業が一体となって作り上げる舞台芸術です。

その1.太夫とは
一人で登場人物の台詞から情景・心理まで語りで表現する役割を担っています。一音一音、抑揚や緩急を凝らし、観客へ声で伝えます。

その2.三味線弾きとは
演奏によって場面の情景や雰囲気、また登場人物の人柄までも表現する役割を担っています。
太夫と三味線弾きはお互いに補い助け合い、物語を表現する上では、大切なパートナーです。

その3.人形遣いとは
人形を遣う=操るという意味です。
人形の首(かしら)と右手を遣う「主遣い(おもづかい)」、左手を遣う「左遣い(ひだりづかい)」、足を遣う「足遣い(あしづかい)」の3人で一体の人形を遣います。3人で遣うことで、より人間らしい動きを表現することができます。またかしらは、約80種類に分類され、役柄により鬘を付け替えたりします。どんな首(かしら)が登場しているのか注目するのも楽しむポイントの1つです。


日程 2024年2月25日(日)
会場 まつもと市民芸術館 主ホール
開演 14:00
チケット料金 【全席指定・税込】
一般:4,500円
U25:1,500円(枚数限定、前売のみ)

※未就学児入場不可。
※U25(25歳以下)チケットは、当日年齢確認証をご提示ください。
※車椅子または補助犬を伴ってご入場の方は、チケットご購入時にまつもと市民芸術館チケットセンターまでお知らせください。

チケット発売日 2023年11月18日(土)
プレイガイド まつもと市民芸術館チケットセンター(10:00~18:00)
[窓口・電話] 0263-33-2200
[WEB] 芸術館チケットクラブ(要事前会員登録)
※発売初日は窓口販売なし

チケットぴあ
[店頭] セブン‐イレブン
[WEB] https://t.pia.jp/

★関連企画 日本浮世絵博物館にて関連企画展開催決定!
展示期間:2月1日(木)~2月29日(木)

○日本浮世絵博物館
〒390-0852 長野県松本市島立2206−1
開館時間 10:00~17:00(最終入館16:30まで)
詳細はこちら→https://www.japan-ukiyoe-museum.com/

*情報は公式サイトより頂きました。

 

  • まつもと市民芸術館

    まつもと市民芸術館

    松本市深志3丁目10番1号
    電車
    JR中央線・篠ノ井線 松本駅下車徒歩10分
    バス
    路線バス、あるいは松本周遊バス「タウンスニーカー」 東コース・南コースをご利用ください。
    停留所「市民芸術館」で下車
    詳細ページ