イベント

『パラダイス・ネクスト』『聖なる酔っぱらいの伝説』『五億円のしんせい』松本シネマセレクト映画上映会

4
『パラダイス・ネクスト』『聖なる酔っぱらいの伝説』『五億円のしんせい』松本シネマセレクト映画上映会
開催日
2019.9.13 (金) 〜 2019.9.14 (土)
営業時間
14:00 -
『パラダイス・ネクスト』
9月13日(金)19:30 9月14日(土)14:00

『聖なる酔っぱらいの伝説』
9月14日(土)16:30

『五億円のじんせい』
9月14日(土)19:00
料金

鑑賞料

前売り券
¥1,400
当日券 一般
¥1,800
当日券 大・高校生
¥1,400
お問い合わせ
NPO法人コミュニティシネマ 松本CINEMAセレクト 0263-98-4928
URL
https://www.cinema-select.com/これからの上映予定/

特集 もう一つの日本映画最前線

※ 全作品鑑賞の方に爆音映画祭2019in松本
 1018日〜20 まつもと市民芸術館小ホール 招待券1枚プレゼントいたします。

 

『パラダイス・ネクスト』

9月13日(金)19:30

9月14日(土)14:00

まつもと市民芸術館小ホール

 

  • 名匠ホウ・シャオシェン、ジャ・ジャンクーらの映画音楽で世界に知られる半野喜弘、念願の最新監督作
    音楽家として世界をまたにかけて活躍し、2016年に『雨にゆれる女』で商業長編映画監督デビューを果たした半野喜弘が「生きるとは何か」という人間の普遍的テーマを描いた長編監督第二作。
    ホウ・シャオシェン監督の『フラワーズ・オブ・シャンハイ』『ミレニアム・マンボ』、ジャ・ジャンクー監督の『プラットホーム』『山河ノスタルジア』などをはじめ中華圏の映画人たちと幾度も共同作業をしてきた半野喜弘が、その活動の自然な延長上に満を持して挑んだ本作。台湾の熱気や湿度、街の匂いを立体的に浮かび上がらせるダイナミックな音響設計によって他の映画にない独特の世界を作り上げ、まるでその場所に居るかのような臨場感溢れる豊かな映像を堪能させる。
  • 豪華キャスト&スタッフが集結し、アジア映画界に新境地を拓く必見作
    日本映画界において名実ともにトップクラスの俳優 妻夫木聡と豊川悦司がダブル主演を果たし、全編台湾ロケでの撮影に挑んだ話題作。監督とカメラマンを除くと、ほぼオール台湾スタッフでの自由闊達な撮影や台湾の気候と風土のなかで自然と醸し出される他の作品では見せたことがない二人の相貌が本作ならではの魅力だ。二人の“運命の女性”であるヒロインを『黒衣の刺客』でも妻夫木聡と共演した台湾の人気女優ニッキー・シエが好演。ロングランヒット映画『目撃者 闇の中の瞳』主演のカイザー・チュアン、台湾を代表するマルチタレントのマイケル・ホァン、『アウトレイジ 最終章』の大鷹明良が脇を固める。日本が誇る世界的作曲家・坂本龍一のテーマ曲も加わり、豪華な顔ぶれによる珠玉の一作が完成した。(公式サイトより)

 

 

ルトガー・ハウアー追悼上映

『聖なる酔っぱらいの伝説』

9月14日(土)16:30

まつもと市民芸術館小ホール

 

 

 

『五億円のじんせい』

9月14日(土)19:00

まつもと市民芸術館小ホール

ゲスト 文晟豪監督

 

 

 

 

生きる意味って?自分には、この世界には、生きる価値ってあるのだろうか?
主人公は世界に飛び出し、無防備に突き進む。
そして、周囲の優しさに助けられながら、喜びと悲しみを経験し、少しだけ大人になる——。

(公式サイトより)

  • まつもと市民芸術館

    まつもと市民芸術館

    松本市深志3丁目10番1号
    電車
    JR中央線・篠ノ井線 松本駅下車徒歩10分
    バス
    路線バス、あるいは松本周遊バス「タウンスニーカー」 東コース・南コースをご利用ください。
    停留所「市民芸術館」で下車
    詳細ページ