イベント

朗読と音楽 串田孫一 山のパンセ 星への手紙

24
朗読と音楽 串田孫一 山のパンセ 星への手紙

生きとし生ける者の迷い、
戦時下の日記、自然や暮らしへの優しいまなざし。
夜更けにきらめく星たちに語りかけながら、
串田孫一が綴った手紙を いま受け取りましょう。
バロック音楽に耳を澄ませ
豊かなパンセを呼吸しながら。

開催日
2020.8.8 (土) 〜 2020.8.9 (日)
営業時間
17:00 -
*8日(土)17:00 開演、9日(日)11:00 開演/15:00 開演 ※開場は開演30分前 ※途中休憩あり
料金

観覧料

前売り券
¥3,500
当日券
¥4,000
※3歳以上有料。2歳以下は大人1名につき1名まで膝上無料。但し、お席が必要な場合は有料。
お問い合わせ
信濃毎日新聞松本本社まちなか情報局 0263-32-1150
URL
https://www.shinmai-mediagarden.jp/event/2565.html

信毎MEDIA GARDEN×串田和美 串田企画第9弾!
「朗読と音楽」 串田孫一 音楽の絵本 山のパンセ

◆出演者
朗読:串田和美、小林聡美
演奏:高橋悠治

串田孫一
1915年生まれ。詩人、哲学者、文筆家。1958年、山の芸術誌『アルプ』創刊。代表作に『山のパンセ』、『若き日の山』、など。音楽への造詣も深く、アイリッシュ・ハープを演奏し、ラジオ番組「音楽の絵本」のパーソナリティも約30年間続けた。

<出演>
□朗読:串田和美
1942年生まれ。俳優、演出家、舞台美術家。まつもと市民芸術館芸術監督。“松本ならでは”の事業を次々と実現。信毎メディアガーデンの企画プロデューサーとして、年数回の「串田企画」を開催する。

□朗読:小林聡美
1982年に大林宣彦監督映画「転校生」で初主演。主な出演にドラマ「やっぱり猫が好き」、映画「かもめ食堂」「プール」「紙の月」、串田和美舞台「24番地の桜の園」。2016年より信毎の書評委員を一年間務めた。

 

****************************

<安心してご参加いただくために>
新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防のため下記対策へのご協力をお願いいたします。
発熱、せきなどかぜのような症状がある場合はご来場をご遠慮ください
ご入場の際はマスクを着用いただき、せきエチケットをお守りください
●会場入口に消毒液を設置いたします。手指の消毒にご協力ください
密集、密接を避けるため定員を100名としています
会場内換気を定期的に行います

新型コロナウイルス感染症の影響により、中止または縮小することがあります。
ホームページ等で公式情報を必ずお確かめの上、ご来場いただきますようお願いいたします。

チラシはこちら
朗読と音楽チラシ

 

  • 信毎メディアガーデン

    信毎メディアガーデン

    松本市中央2-20-2
    徒歩
    JR松本駅より徒歩8分
    詳細ページ