片端の総掘り

13
片端の総掘り

国宝松本城で現存する最後の総掘りです。

新町の北門大井戸から総掘り沿いを南下していきます。
深志橋を渡るとそこからは、旧町名「片端町」と呼ばれています。
帯で東側のみ屋敷割りをされたことから町の名がついたそうです。

関連記事
http://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/citizensweblog/?p=34299

住所
〒390-0873 長野県松本市丸の内7−20
アクセス
徒歩
国宝松本城より徒歩5分
バス
アルピコバス 信大横田線 新町下車1分
2018.3.17 ※経年変化により、記事の内容と現在の状況は異なる場合があります