イベント

マツモト建築芸術祭2024

55

【名建築】がアート会場に!十数名の“実力派アーティスト”が集結
「名建築にアートが住み着くマツモトの冬。」

開催日
2024.2.23 (金) 〜 2024.3.24 (日)
料金

入場料

一般
¥2,000
高校・大学生
¥1,500
中学生以下無料
*松本市立博物館1階・信毎メディアガーデンは無料
お問い合わせ
マツモト建築芸術祭 事務局 0263-87-8631
URL
https://maaf.jp/
SNS

マツモト建築芸術祭実行委員会(所在地:長野県松本市、委員長:齊藤忠政、総合ディレクター: おおうちおさむ)は、第3回となる「マツモト建築芸術祭 2024 ANNEX」を、 2024年2月23日(金)から3月24日(日)まで31日間の日程で開催することを決定いたしました。 

《名建築に アートが住み着く マツモトの冬。》をコンセプトに、過去二度に渡り開催したマツモト 建築芸術祭。来場者数は2022年:延べ65,000人(23日間開催)、2023年:延べ81,500人(23日間開催) を超え、松本市の中心部に数多く存在するノスタルジックな〈名建築〉とアートの競演を県内外の方に広く楽しんでいただきました。

芸術祭をきっかけに古い建築物の活用と保存への意識も高まっています。松本の芸術文化振興や観光 の付加価値を高めることに加え、失われゆく〈名建築〉を生きた形で活用することや地域活性化への取 り組みにも力を入れるため、継続の開催を目指しています。

今年で第3回目を迎えるマツモト建築芸術祭2024 ANNEXでは、《消えゆく名建築 アートが住み着 き 記憶する》松本城に隣接する旧松本市立博物館をメイン会場として開催予定です。同館の取り壊し前 に開催される最後のイベントとなります。

第3回「マツモト建築芸術祭」概要

名称:マツモト建築芸術祭 2024 ANNEX
副題:消えゆく名建築 アートが住み着き 記憶する
英語表記:MATSUMOTO Architecture + Art Festival
会期:2024年2月23日(金) ~ 3月24日(日) 31日間
会場:旧松本市立博物館 (メイン会場) / 新松本市立博物館 / 信毎メディアガーデン
入場料(メイン会場):一般2,000円、高校生・大学生・専門学生 1,500円、中学生以下無料

 

  • 信毎メディアガーデン

    信毎メディアガーデン

    松本市中央2-20-2
    徒歩
    JR松本駅より徒歩8分
    詳細ページ
  • 松本市立博物館

    松本市立博物館

    〒390-0874 長野県松本市大手3丁目2−21
    詳細ページ