2017/08/24 オペラ《エディプス王》特別展

2017.8.25
2

オペラ《エディプス王》特別展 が「セイジ・オザワ松本フェスティバル オペラの原点を知る」と題して松本市美術館多目的ホールにて開催されています。

1992年の開催当初から、オーケストラ・コンサートと合わせて、サイトウ・キネン・フェスティバル 松本/セイジ・オザワ松本フェスティバルの両輪として開催されいるオペラ公演。
初年度開催のオペラ 《エディプス王》(演出:ジュリー・テイモア)を中心に、これまでのオペラ公演を振り返る写真&映像展を開催いたします。世界的デザイナー ワダエミ が初めてオペラ衣装を手掛けた《エディプス王》の貴重な衣装も展示します。公演時、世界 24ヵ国で上映され、SKFの名を世界に知らしめた《エディプス王》の収録映像(CAMI/NHK 他 国際共同制作)を全編上映いたします。
この貴重な機会に、ぜひご来場ください。

エディプス王とヨカスタ王妃の衣装
エディプス王とヨカスタ王妃の衣装

この2点の衣装は、松本市美術館に収蔵されているそうです。

ヨカスタ王妃(ジェシー・ノーマン) エディプス王(フィリップ・ラングリッジ) エディプス(ダンサー)(田中泯)

過去のオペラ作品のパネル展示
過去のオペラ作品のパネル展示

後のスクリーンでは収録映像を上映
後のスクリーンでは収録映像を上映


フェスティバル初年に小澤征爾とSKOが取り組んだのが、オペラ「エディプス王」。ストラヴィンスキーが1926~27年にかけて書き上げたもので、ギリシャ神話に基づくソポクレーテスの古典悲劇「オイディープス王」を題材に、古典劇の世界を持ち込もうとした。題材・言葉(ラテン語)・劇的進行・音楽といった様々なレベルに於ける様式化は、生きた人間のドラマを目指したロマン派的オペラとは正反対の方向を向いたものである。(展示パネルより)

オペラ《エディプス王》特別展
松本市美術館 多目的ホール 【入場無料 】
8月24 日(木)~9月3日(日) 9:00 -17:00(入場は 16:30まで)
【松本市美術館 】長野県松本市中央 4-2-22 開館時間: 9:00~17:00
【お問い合わせ 】セイジ・オザワ 松本フェスティバル事務局 0263-39-0001
http://www.ozawa-festival.com

【 市民記者 野尻 】